失敗しても高校受かる

中学受験をしておけば、今後の子供の進学先も楽に決められる噂がありますが、実際そうではありません。確かに中学受験をして質の良い勉強をすることでその後の進学に良いかもしれませんが、実際は中学受験をしていなくても頑張り次第では良い高校や大学に入ることはできます。故に中学受験が本当に必要かを考えてみると良いです。

中学受験にもそもそもリスクがあります。例えば、もしも中学受験を失敗してしまった時に出てくるリスクがあります。最悪の場合子供は勉強をしなくなり、もっと良くない状態になる場合もあります。他にも、無駄にお金を使ってしまうということもあります。もちろん、中学受験をした経緯は良い経験になります。故に、全くの無意味ということはありませんが、上記でも説明したように中学受験をしなくても良いところに進める可能性がありますので、よく考えて受験をしましょう。

ちなみに、有名な中学校に入学しているなら、それを使って高校受験に有利にすることもできるでしょう。しかし、実際中学受験が有利になるのは高校までとなります。それ以降は高校や大学でどこに行ったかが重要になることでしょう。ですから、あまり重要視して全力を出さなくても良いかもしれません。